Top > 情報システム代行・アウトソーシングサービス >社内ヘルプデスクをアウトソーシングするメリットとは?

社内ヘルプデスクをアウトソーシングするメリットとは?

企業が直面する様々なIT課題を効率的に解決する手段として、社内ヘルプデスクのアウトソーシングは有効な戦略となりえます。アウトソーシングを選択することによってコスト削減の効果、専門知識の獲得、サービス品質の向上など、多くのメリットが存在します。

この記事では、その実態とメリット、そして最適なアウトソーシングパートナーの選び方を深掘りしてご紹介します。

情シスとは?3つの課題とアウトソーシングして解決する方法についても解説!
情シスのアウトソーシングを比較!
おすすめサービス6選
本記事では、情シスの仕事をアウトソーシングすることのメリットとデメリットを説明したうえで、アウトソース先の選び方についても詳しく解説します。

1. 社内ヘルプデスクをアウトソーシングしてコスト削減するには?

多くの企業が社内でのヘルプデスク業務を外部に委託し、コスト削減と業務効率化を図っています。特にアウトソーシングサービスを利用することにより、固定費の削減や変動費の最適化が可能になり、結果として全体の運営コストの削減を実現できます。

しかしながら、一見コスト削減につながるとされるアウトソーシングでも、適切な戦略と管理がなされなければ、その効果は期待するほどには現れないこともあるのです。

そこで、アウトソーシングを検討する際は、どのような点に注意し、どの方法でコスト削済を目指すべきかをしっかりと考えることが重要です。

1.1. 運用コストの具体的な削減ポイント

アウトソーシングによる運用コストの削減ポイントには、主に以下のようなものがあります。まず、オンデマンドでサービスを利用することによって、利用した分だけの費用しか発生しないため、無駄な人件費や設備投資が抑えられます。

次に、専門スキルを持つプロバイダーに委託することで、内部研修やスキル習得のためのコストが削減できるほか、業務の効率化による間接コストの削減も期待できます。

加えて、アウトソーシングすることにより業務が標準化され、品質のバラツキによるリスクや追加コストが減少することも重要な削減ポイントと言えるでしょう。

1.2. 人材コストを最適化するアウトソーシング戦略

人材コストの最適化を目的としたアウトソーシングでは、必要な人材を必要な時にだけ活用することがポイントです。例えば、特定のプロジェクトやピーク時の業務量に合わせて専門スタッフを臨時で確保することで、通常時の人件費を削減することが可能になります。

また、メンタルヘルスなどのサポート体制も外部の専門機関に委託することで、人材のメンテナンスにかかるコストを抑制することもできるのです。
積極的に外部リソースを活用することで、自社の人材をより効率的に、かつ戦略的に配分することができ、総合的なコスト削減に寄与します。

1.3. 隠れた経費の節約効果

社内ヘルプデスクのアウトソーシングによる隠れた経費の節約効果には、オペレーションの見直しや無駄なプロセスの排除などが含まれます。例えば、特定の業務プロセスを外部に委託することによって、その業務にかかっていた管理コストや関連する事務作業コストを削減できます。

また、業務の専門化により生じる効率性の向上は、間接的な経費削減にも寄与するでしょう。さらにアウトソーシングを実施することで、社内リソースが解放され、コアビジネスに対する投資や新たな事業開発への余裕が生まれることも大きな節約効果と言えます。

2. 属人化しないヘルプデスク体制の構築

現在のビジネス環境では、技術的な問題が発生した際、迅速で確実なサポートが求められますが、このサポート体制が特定の社員に依存している状況はリスクが伴います。属人化によるデメリットとは、その知見や技能が社内で共有されず、その人が不在の場合に問題が解決できないことや、その人の負担が過大になることです。

これを解決するためには、個人に依存しない体制を作ることが重要になります。そのためには、アウトソーシングやチーム内のナレッジシェア、適切なドキュメンテーションの整備など、複数の施策が考えられます。アウトソーシングすることで、ヘルプデスク業務をプロに委ねることができ、社内リソースの最適化が図られます。

2.1. 本業に集中するためのリソースシフト

ヘルプデスク業務のアウトソーシングは、社内リソースを本業に集中させる効果があります。特に、ITスタッフの数が限られている中小企業においては、日常的なトラブル対応に追われることなく、本来の業務に専念できる環境を整えることが不可欠です。

アウトソーシングを行うことで、企業は内部で高度なスキルを必要としないルーチンワークを外部へ委託し、より戦略的で付加価値の高い業務に社内リソースをシフトさせることが可能です。さらには、社員一人ひとりが専門性を深め、ビジネスの成長に直接寄与するような活動に注力することができるようになります。

3. 社内ヘルプデスク問題解決のスピード感と品質向上

時代の急速な変化に対応しなければならない企業において、問題を迅速かつ効果的に解決することは極めて重要です。内部のリソースだけでは対応しきれない複雑かつ専門的な問題が発生する場合、社内ヘルプデスクをアウトソーシングすることで、問題解決のスピードを大幅に上げることができます。

さらに、専門的なヘルプデスク代行業者の高い品質保証により、その解決策の品質も向上することが期待できるのです。

3.1. 専門サービスによる迅速な対応力

アウトソーシングするヘルプデスク代行業者は、専門知識を持つプロフェッショナルを広範囲に抱えています。彼らは最新の技術動向やトラブルシューティング手法に精通しており、企業が直面するあらゆる問題に対し、迅速かつ的確な対応を展開できます。

特にITの分野においては、瞬時に変わりゆく環境の中で即時の対応が求められることが多いため、外部の専門家の力が非常に有効であることがわかります。これにより、企業は待ち時間を大幅に縮減し、業務の遅滞を避けることができるのです。

3.2. 経験豊富なヘルプデスク代行業者の確かな解決策

さまざまな業界に携わる経験豊富なヘルプデスク代行業者は、困難な問題に遭遇する確率が高いですが、その分豊富な経験を活かした解決策を提供します。

経験と実績に基づいたベストプラクティスを持っていることで、企業が直面する課題を容易に乗り越えることができるわけです。こうした確かな解決策は、品質と信頼性を提供し、企業の信頼を得ることができるのです。

3.3. サービスレベルで見る品質の差

ヘルプデスク代行業者の選定時には、契約件数、対応時間、解決率などのサービスレベルに注目が集まります。これらの指標は、サービスの品質を決定づける鍵となり、企業にとって最適なパートナーを選択する上での重要な判断材料となります。

アウトソーシングを検討する際には、これらのサービスレベルをしっかりと吟味することが、最終的に得る品質向上に繋がるのです。

4. アウトソーシング代行業者の経験豊富な専門知識

企業が社内ヘルプデスクの業務をアウトソーシングに頼るとき、提供されるサービス品質はその業者の経験豊富な専門知識に大きく依存します。特に情報技術が日々進化する現代においては、アウトソーシング先のプロフェッショナル達が経験と専門知識をバランス良く持ち合わせていることが重要となります。

彼らは、様々な企業のヘルプデスクを支えてきた経験から得た知識を活用し、新しい問題にも柔軟に対応できる力を持っています。

4.1. 最新技術への適応能力

アウトソーシングサービス提供者の最大の強みの一つは、最新技術への適応能力が高いことでしょう。彼らは多種多様な顧客のニーズに合わせて技術を更新し、常に業界の最前線を走っています。

これは、一企業として最新の技術トレンドを追いかけ続けることの難しさや、新技術への投資に伴うコストとリスクを負うことなく、アウトソーシング先がその役割を担うことを意味します。そのため、企業は常に新しい技術に対応したサポートを受けることができるのです。

4.2. 専門知識を活かした長期的な問題の予防策

アウトソーシングサービスを利用する大きなメリットの一つは、専門知識を活かした長期的な問題の予防策が導入できることです。経験豊富なプロバイダーは、過去の様々な事例分析を通じて問題が生じる前にそれを未然に防ぐ方法を知っています。

また、彼らは頻発する問題に対して改善策を提案し、それをシステムに組み込むことで、将来同様の問題が発生するリスクを減らしていくことが可能です。この積極的なアプローチによって、企業はより安定した運用を保つことができるのです。

4.3. 継続的なサービス改善とプロフェッショナリズム

アウトソーシングパートナーは、ただ問題を解決するだけではなく、継続的なサービスの改善にも注力します。これによりサービスの質は時間とともに向上し、提供するサポートの範囲も広がっていきます。

さらに、アウトソーシングを行うことで企業はヘルプデスク業務のプロフェッショナリズムを確保できます。その結果、アウトソーシング企業はクライアント企業のブランドイメージ向上にも寄与することになります。プロフェッショナルな取り組みは、顧客満足度を高める上でも非常に重要な要素です。

5. 選定方法:最適なアウトソーシングパートナーの見極め方

企業が社内ヘルプデスクをアウトソーシングする際、最適なパートナーを見極めることが極めて重要です。この選定方法には、綿密な計画と分析が求められ、アウトソーシングするサービスの質や将来のビジネス成長に大きな影響を及ぼします。

適切なアウトソーシングパートナーを見つけるためには、業界での実績、提供されるサービスの質、コストパフォーマンス、対応の柔軟性、セキュリティ対策など様々な要因を考慮することが不可欠です。これらの点を確認し、比較検討することで、最適なパートナーとの出会いがあり得るでしょう。

5.1. サービス提供者の評価基準

サービス提供者を評価する際の一般的な基準には、技術力、信頼性、対応の速さ、価格設定、利用者からのフィードバックといったものがあります。技術力では、ヘルプデスクが抱える問題に対処できる専門的なスキルと経験が重要です。信頼性に関しては、サービス提供者が約束した品質を一貫して提供しているかどうかを検証します。

また、緊急の問題が発生した際にいかに迅速に対応できるかも見極めるべき点です。価格設定に関しては、コストパフォーマンスの良いサービス選びが求められ、既存利用者の満足度や評価は参考になります。これらの基準をもとに複数の提供者を比較検討して、最適なアウトソーシングパートナーを見つけることが大切です。

5.2. 相互理解に基づく選定プロセス

アウトソーシングパートナーの選定プロセスにおいては、依頼側と提供側の相互理解が非常に重要です。お互いのビジネス目標や期待値を正確に共有し、認識の齟齬を避けるためにも、十分なコミュニケーションが不可欠でしょう。そのためにも、事前の打ち合わせを何度も行い、依頼側のニーズを詳細に伝えることが望ましいでしょう。

こうした過程を経ることで、サービス提供者側も依頼企業の要望に合わせた適切な提案を行うことが可能になります。また、これにより相互の信頼関係を構築することができ、結果としてより良いアウトソーシングのパートナーシップに繋がるでしょう。

5.3. 長期的なパートナーシップを築くコツ

アウトソーシングの関係が長期的なパートナーシップに発展するためには、選定されたサービス提供者との間において、継続的なコミュニケーションとともに、柔軟な姿勢を保つことが大切です。

ビジネス環境は常に変化しており、それに伴いサービスの要件も進化します。したがって、定期的な評価やフィードバックの機会を設けることで、サービスの質を革新し、両者の利益につながる改善を図ることが可能です。また、互いの成功を分かち合うことで、強い信頼関係を築き上げることができるでしょう。これらの積極的な取り組みが、長期にわたる良好なパートナーシップの基盤となります。

5.4. 【エイネット】情シス代行アウトソーシングサービス

具体的なヘルプデスクのアウトソーシング先としてエイネット社の情シス代行アウトソーシングサービスがあります。

エイネット社の情シス代行アウトソーシングサービス

様々な企業から依頼されて、ヘルプデスクの代行業務を行っているサービスです。
無料相談も気軽にできるので、検討してみてはいかがでしょうか?

6. まとめ

企業が社内ヘルプデスクをアウトソーシングすることで得られるメリットには多岐にわたるものあります。アウトソーシングを切り口としたコスト削減は、運用コスト、人材コスト、隠れた経費の節約として表れることが多いです。

属人化せずに適切なサービスの継続が見込める体制構築、本業に集中しリソーシスを有効活用するための方策としてもアウトソーシングは理想的です。

また、問題解決のスピードとその品質を手に入れることができるでしょう。専門知識を有したサービスプロバイダー選びは、アウトソーシングが成功するための重要なステップなのです。

企業がサービスプロバイダーを選定する際には、その評価基準をしっかりと設定し、相互理解に基づいた選定プロセスを経て、長期的なパートナーシップの構築を目指していくべきです。

最終的に、アウトソーシングは企業の運営をよりスムーズにし、経費を削減しながらサービスの品質向上につながる重要な戦略なのです。まさに多方面からメリットを引き出せる選択肢であり、企業が成長を続けるうえで見逃せないポイントであると言えるでしょうか。

お申し込みはこちら

Contactお問い合わせ

お問合せは、お電話でも
受け付けております。
0120-275-319