Top > 情報システム代行・アウトソーシングサービス >情シスが持つ6つの課題と解決策について

情シスが持つ6つの課題と解決策について

情報システム部門(情シス)の役割は日々進化し、IT化が進んでいる企業の中で、その重要性が増しています。
本記事では、情シスが直面する課題からセキュリティ対策、ネットワーク管理の最適化、データ管理、ITコスト削減など六つの課題と、具体的な解決策をまとめました。

情シス担当者が支援サービスを選ぶ方法
社内ヘルプデスクをアウトソーシングするメリットとは?
社内ヘルプデスクのアウトソーシングはコスト削減の効果、専門知識の獲得、サービス品質の向上など、多くのメリットが存在します。この記事では、その実態とメリット、そして最適なアウトソーシングパートナーの選び方を深掘りしてご紹介します。

1. 情シスの課題1 - 企業内で増す重要性

企業にとって情報システム(情シス)は、経営戦略を実行し、効率的なビジネス運営を支える基盤です。今日のようにテクノロジーが急速に進化し、すべての業界でデジタル変革が求められる時代において、情シスの役割はさらにその重要性を増しています。

企業全体のIT方針や計画を策定することから始まり、情報のセキュリティ管理、ネットワークの維持、アプリケーションの開発といった幅広い業務を担っているのが情シスの部門です。管理する情報量の増大やセキュリティリスクの高まりを受け、効率的なシステムの運営と更新が、企業経営においても極めて重要な位置を占めています。

1.1. ビジネスをサポートする情シスの基本任務

企業のビジネス活動をサポートするためには、情シス部門が基本的な任務を果たすことが必要不可欠です。それにはシステムの安定稼働を保つことはもちろん、ビジネスのニーズに応じたシステム開発や、新しいテクノロジーの導入支援など、柔軟に対応する能力が求められます。

また、ユーザーサポートやトレーニングの実施も重要な任務の一つとして挙げられ、従業員が最新のツールを効果的に利用できるような環境を情シスが整えることも、企業の生産性向上につながります。

これらの基本任務を遂行することにより、情シスは日々の業務をスムーズにし、社内システムのインフラを整えることで、ビジネスの成長を強力にサポートしていきます。

1.2. ITインフラの維持管理とその影響

ITインフラはビジネス運営のための土台となる大切な要素です。情シス部門がインフラの維持管理を行うことで、企業はデータの保存、アクセス、処理がスムーズに行えるようになります。

しかし、ハードウェアの老朽化、ソフトウェアの更新、セキュリティの脅威など、維持管理には多くの課題が存在します。これらの課題に対処するためには、定期的な監査や監視が不可欠であり、プロアクティブな対策を講じる必要があります。

インフラが不安定になることでビジネスに悪影響を及ぼす例は多く、そのためにもインフラの管理と更新に情シスが適切に対応することが、企業競争力を維持する上で重要になるのです。

1.3. 情シス部門が直面する組織的な課題

情シスは組織的な面で多くの課題に直面しています。その一つに、部門間のコミュニケーション不足があります。ビジネス部門と情シス部門が密接に連携し、互いにニーズと能力を理解することが、成功のためには不可欠です。

しかしながら、技術言語とビジネス言語のギャップが大きく双方のコミュ力の違いなどにより、必要な情報の共有がうまくいかないことがしばしばあります。

また、技術者としての専門性とビジネスとしての洞察力を兼ね備えた人材の不足も、組織全体に影響を及ぼす課題です。これらの課題に対応するために、組織としての教育や人材育成の取り組みがますます必要とされています。

2. 情シスの課題2 - セキュリティ強化を目指す

企業が情報システムのセキュリティ強化を目指すには、多くの課題が存在します。例えば、サイバー攻撃の手口が巧妙化し、多様化する中で、適切な対策を講じることが求められますが、それは易しいことではありません。

多くの企業がコストと効果のバランスを取りながら、セキュリティリスクをどのように管理していくかという点で悩みを抱えています。また、従業員一人ひとりのセキュリティに対する意識の違いも大きな課題となっています。

2.1. 現代のサイバーセキュリティリスクとは

現在、企業が直面するサイバーセキュリティリスクは非常に複雑かつ高度なものへと変化しています。フィッシング詐欺やランサムウェア、ゼロデイ攻撃など、多種多様な攻撃方法が存在します。このような攻撃は、企業の信頼性を損ねたり、知的財産を盗まれたりと、経済的、社会的な損失を引き起こす可能性があります。

さらに、クラウドサービスの利用拡大やIoTデバイスの普及により、攻撃対象も増えており、セキュリティの対策は以前にも増して複雑化しているのです。これらのリスクに対応するためには、最新の脅威について常に情報を収集し、迅速に対応できる体制を整えることが不可欠です。

2.2. 効果的なセキュリティポリシーの策定

有効なセキュリティポリシーを策定するには、単に厳しい規則を設けるだけでは十分ではありません。まず、企業におけるリスクを包括的に評価し、どのようなデータやシステムが保護されるべきかを明確にする必要があります。その上で、実際に可能なセキュリティ対策を進めるために、ツールやサービスを選定し、実装します。

そして、ポリシーの遵守を確実にするためには、従業員全員が理解しやすい形で明記し、定期的な見直しを行う必要があります。さらには、実際にポリシーが守られているかどうかを監査する仕組みも設けることが必要です。

2.3. 従業員意識の向上と教育の重要性

セキュリティ強化には、従業員一人ひとりの意識が非常に重要です。たとえ技術的な対策が万全であっても、従業員のひとつのミスが全てを台無しにすることになりかねません。そのため、従業員に対する定期的なセキュリティ教育や意識向上プログラムを実施することが求められます。

教育内容は、最新のセキュリティ状況を踏まえたものである必要があり、実際に起こりうる事例に基づいたトレーニングを提供することで、従業員がリアルなリスクを理解し、適切な対処ができるようになります。

また、セキュリティポリシーを守らなかった場合のリスクや、遵守した場合のメリットを明確にすることで、従業員のモチベーション向上にもつながります。

3. 情シスの課題3 - ネットワーク管理の最適化

企業が情報システム部門を強化する中で、ネットワーク管理の最適化は非常に重要な課題となっています。ネットワークの安定性や効率を高めることは、ビジネスの連続性を支える上で欠かせません。そのためには、最新の技術トレンドを把握し、適切な監視ツールの導入や設定の最適化を行う必要があります。

また、従業員のレベルアップを図り、迅速なトラブル対応ができる体制作りも求められています。これらの取り組みによって、企業はよりスムーズで強靭なネットワーク環境を構築していくことが可能になります。

3.1. ネットワークパフォーマンスの監視と管理

ネットワークパフォーマンスを監視し、適切に管理することは、企業にとって不可欠な課題です。これには、ネットワークトラフィックの分析から、利用状況のリアルタイムな監視まで、幅広い技術が用いられます。ネットワークの運用状況を正確に把握するために、専門の監視ソフトウェアを導入する企業も多くあります。

たとえば、不正なアクセスを検出するためのセキュリティシステムや、トラフィックの過剰な集中を避けるための負荷分散技術などを駆使することで、ネットワークのパフォーマンスを保ちつつ、セキュリティリスクも低減することができるのです。このような取り組みを通じて、企業はビジネスの効率化と情報保護の両立に努めています。

3.2. 遠隔勤務を支えるネットワークインフラ

近年、遠隔勤務が企業において一般的な働き方となるにつれ、それを支える信頼性の高いネットワークインフラの整備が重要視されています。インターネット接続の速度や安定性だけでなく、VPNなどの安全な接続方法の確立も求められています。

会議システムの運用やファイル共有プラットフォームの導入など、効率的に遠隔勤務を行うためのさまざまなツールとインフラの整備が急がれており、企業はビジネスの持続可能性を保つためにも、これらの環境整備に注力しているのです。

3.3. 信頼性とスケーラビリティの確保

ネットワーク管理においては、企業の成長に伴う拡張性(スケーラビリティ)と、サービスの継続性を意味する信頼性が非常に重要です。たとえば、クラウドサービスの利用は、必要に応じてリソースを柔軟に増減でき、イニシャルコストを抑えられる利点があります。

また、障害が発生しても迅速に復旧できるレプリケーションやバックアップのシステムを導入することで、ビジネスの中断リスクを低減させます。これらの取り組みを実行することで、企業は日々の業務を安定して行いつつ、市場の変化に柔軟に応じることができるようになります。

4. 情シスの課題4 - データ管理とその解決法

企業の情報システム部門にとって、データ管理は欠かせない役割ですが、ビッグデータの時代を迎えるにあたって多くの課題が生じています。例えば、増大するデータ量への対応や、データの整合性、アクセス制御など、複雑さが増しているのが実情です。

こうした課題に対応するためには、効率的かつ効果的なデータ管理戦略が不可欠になります。データ管理を成功させるためには、テクノロジーだけでなく、プロセスや人材の側面にも焦点を当てることが求められているのです。

4.1. データ整合性と保護の重要性

データ管理の中でも特に重要なポイントは、データの整合性と保護です。データの整合性を保つことは、企業が正確な意思決定を行うための基盤となります。

例として、異なるシステム間でデータを同期させ、重複や誤情報を避ける仕組みが必要になります。また、データ保護は、外部の脅威や内部のミスから貴重な情報資源を守る役割を果たしています。これを実現するためには、アクセス権限の管理や暗号化、バックアップといった対策が不可欠です。

効果的なデータ整合性と保護の実現に向けて、最新のセキュリティ技術の導入や従業員の教育を行い、常にシステムを更新していく必要があります。

4.2. クラウドとオンプレミスのバランス

クラウドサービスの利用が広がる中で、企業はオンプレミスのインフラストラクチャとのバランスをどのように取るかが課題となっています。クラウドは柔軟性やコスト削減を可能にしますが、セキュリティリスクやデータソブリンティの問題もあります。

一方で、オンプレミス環境はコントロールが容易でセキュリティが強化されていますが、コストやメンテナンスの面で課題があります。データ管理戦略としては、クラウドサービスとオンプレミスのハイブリッド環境を構築し、それぞれの強みを生かすことが重要とされています。

4.3. ビッグデータ時代のデータ管理戦略

ビッグデータの時代を迎え、企業はますます膨大な量のデータを取り扱うことになります。データを有効活用するためには、単に蓄積しておくだけではなく、データを整理・分析し、ビジネスインサイトを導き出すことが求められます。データ管理戦略としては、データウェアハウスやデータレイクなどの導入を検討し、AIや機械学習を活用してデータの価値を最大限に引き出すことが重要です。

また、データガバナンスをしっかりと構築し、データの品質やライフサイクルを管理していくことが、サステナブルなデータ活用には欠かせません。

5. 情シスの課題5 - ITコスト削減

企業にとって、ITコストは必要不可欠な支出でありながら、厳しい経済状況や激化する市場競争の中で節約の対象となることも珍しくありません。

特に情報システム部門は、高度化し続ける技術とバランスをとりながら、予算内で効率的に運用することが常に求められています。これが企業が直面するITコスト削減の大きな挑戦と言えるでしょう。

ITコストを適切に管理し削済むことは、企業の利益を確保し、更なる事業拡大へと繋がる重要な一歩です。

5.1. 節約すべきポイントとその影響

ITコストを削減するうえで重要なのは、無駄な支出を見極め、効率的な投資を行うことです。たとえば使用頻度が低いソフトウェアのライセンス料や、必要以上にパワフルなサーバーの維持コストなど、見直すことで大きな節約に繋がるポイントは意外と多く存在します。

また、クラウドサービスへの移行によって初期投資を抑えたり、従量課金制で必要な分だけの使用料を支払うことで、無駄が削減できます。ただし、コスト削減が品質低下やサービスの劣化を招かないよう、慎重な検討が必要です。

5.2. IT資産の効率的な利用と管理

ITコスト削減の一環としては、企業内のIT資産の効率的な利用と管理も重要になります。過剰なIT機器の保有は保守や更新のコストアップにつながるため、利用度合いに合わせた適切な機器の整理が求められます。

また、資産管理ツールを導入することで、所有するIT機器の状態やライセンス情報を正確に把握し、過不足なく管理することが可能となります。これにより、予期せぬトラブルやセキュリティリスクの低減にも繋がるでしょう。

6. 情シスの課題6 - ビジネスの継続性を高めるための対策

昨今のグローバルなビジネス環境では、企業が直面するリスクの種類もまた多様化しています。自然災害、サイバーアタック、パンデミックといった予測不可能な事象が発生した際に、ビジネスの停止を最小限に抑え、迅速に正常な運営を回復することは企業にとって重要な課題です。
ここでは、企業がビジネス継続性を高めるために実施すべき対策について解説していきます。

6.1. 事業継続計画(BCP)の作成

事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan)は、万が一の災害や事故が発生した際に、企業のキープロセスを維持し、ビジネスの停止時間を最小限に抑えるための計画です。

BCPの策定には、まずリスクの特定が必要です。どのような災害が想定され、それによって企業活動がどう影響を受けるのかを洗い出します。その後、最優先で維持すべき業務や、事態発生時にどのような対応を取るか、代替案の構築などを細かく検討していきます。

また、スタッフに役割や責任を明確にし、定期的な訓練や見直しを行うことも、効果的なBCP運用には不可欠です。

6.2. 災害発生時のリスクマネジメント

リスクマネジメントは、予期せぬ災害や事象がビジネスに与える影響を事前に把握し、そのリスクを管理・軽減するプロセスです。災害発生時のリスクマネジメントには、情報の迅速な収集と伝達が重要となります。

また、災害時にはパニックを避け、冷静で迅速な判断が求められるため、日頃からのスタッフへの研修や意識づけが不可欠です。さらに、外部の機関や他企業との連携体制を整備しておくことで、有効なリソースを共有しつつ、総合的なリスクマネジメントを実施することができます。

6.3. バックアップとリカバリの要点

バックアップとは、データを失うリスクに備えて別の媒体にコピーを取っておくことで、万が一の時にオリジナルのデータを復元することができるようにします。重要なのは定期的なバックアップの実施と、バックアップデータの安全な保管場所の確保です。リカバリプロセスも事前に策定しておく必要があり、どのデータをいつ、どのように復元するかという手順を明確にします。

また、バックアップのテスト実施を通じて、万一の事態が発生した際に、迅速かつ適切にデータが復旧できる体制を整えておく事が重要です。

7. 未来を見据えた情シスの戦略計画を作ろう!

企業が未来を切り拓くうえで、情シスの役割はますます重要となってきています。長期的な成功を目指すためには、テクノロジーが絶えず進化する中で動的な戦略を策定する必要があります。それには、現在の業務ニーズを的確に把握し、新たな技術動向をいち早く取り入れることが求められます。
これらのプロセスを通じて、情シスは会社全体の生産性向上と効率化を促進し、ビジネスの持続可能性を支えることに貢献していくことでしょう。

7.1. 情報技術のトレンドと対応策

情報技術は日々進化しており、AIやビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの技術が台頭しています。こうしたトレンドを踏まえて、情シスは適切な対応策を立てる必要があります。

例えば、クラウドサービスの利用によって、リソースの拡張性とコスト削減を実現することができます。また、AIの導入によって、ビッグデータからのインサイト獲得や業務自動化が進むことも期待されています。これらトレンドへの対応は、戦略的な意思決定を応援し、企業を市場で競争力のある位置へと導く要素となるでしょう。

7.2. イノベーションを推進する情シスの役割

情報システム部門がイノベーションを推進する役割を果たすためには、常に新しい技術やアプローチに目を光らせる必要があります。スタートアップ企業や異業種とのコラボレーションを通じて、新たな発想を生み出すことも重要です。

デジタルトランスフォーメーションを進める中で、プロセスの改善や新しいビジネスモデルの開発に挑戦することが求められます。情シスは、内部のリソースを最大限に活用し、組織全体のイノベーションエンジンとしての役割を担います。

7.3. 長期的視点をもったIT戦略の立案

IT戦略を立案する際には、単に現在の業務プロセスの効率化だけに注目するのではなく、長期的な視点を持つことが重要です。企業ビジョンを実現するためには、未来のビジネスシーンを予測し、それに適応するようなITインフラとアプリケーションの整備が必要となります。

情シスは技術的な洞察力を駆使して、ビジネスの持続的成長を支援するためのプランを策定し、その実行に向けてチームをリードしていくべきです。将来の市場変動や技術革新にも対応できるよう、柔軟性を持ったプランニングが求められます。

お申し込みはこちら

Contactお問い合わせ

お問合せは、お電話でも
受け付けております。
0120-275-319