エイネット株式会社

テレビ会議・WEB会議システム「Fresh Voice(フレッシュボイス)」開発のエイネット株式会社

Think in Japan, Made by Global
HOME > Fresh Voice 10年の歩み

(History) エイネット Fresh Voice「10年の歩み」 〜テレビ会議/WEB会議システム(History) エイネット Fresh Voice「10年の歩み」 〜テレビ会議/WEB会議システム

2000年

ギフト型ECサイト「FreshGift」を立ち上げ。音声と映像による顧客サポートとしてFreshVoiceでのヘルプデスクを開始。

 

情報処理振興事業協会(IPA)より、特定プログラムの開発・普及テーマの公募に対し、『ECサイト・モール向けボイスサポートシステム「フレッシュボイス」』が採用される。

 

東京都の「創造的事業活動の促進法による事業(中小企業の創造的事業活動の促進に関する臨時措置法第4条3項の規定に基づく)」の開発事業の認定を受ける。

 

FreshVoiceコミュニティを立ち上げ、インターネットの無料テレビ電話のサービスを開始する。青山ダイヤモンドホールにて記者発表を行う。

 

NECのコンシューマ向けPC全てにFreshVoiceがバンドルされる

 

2002年

FreshVoiceコミュニティ会員が10万人を突破

 

2003年

企業向けBtoBパッケージ「Fresh Voice」を発表

 

日本ダイレックス株式会社とFresh Voice販売の業務提携を締結

 

NEC Univergeパートナー製品としてFresh Voice販売の業務提携を締結

 

日本テレワーク協会に加入

 

2004年

株式会社アマダアイリンクサービスのCADサポートシステム、「Webホットライン」を2万人ユーザ規模で展開

 

マンション無人化キオスク端末を設計開発

 

2006年

米GIP社(Global IP Sound)と音声映像圧縮の部分で提携をおこなう。

 

国内テレビ会議システム・SIタイプ市場において、2年連続で市場シェア第1位を獲得(富士キメラ総研調べ)

 

気象庁が「Fresh Voice」を導入

 

2007年

「Fresh Voice」の新バージョンV5を発売

 

国内テレビ会議システム・SIタイプ市場において、3年連続で市場シェア第1位を獲得(富士キメラ総研調べ)

 

東京地方気象管区が「Fresh Voice」を導入

 

2008年

代表取締役 西畑 博功(就任)

 

国立大学附属病院長会議が「Fresh Voice」を導入。国立大学インターネット会議システム(UMICS)として稼動。東京大学病院で記者会見を実施

 

東洋大学に導入。東洋大学経済学研究科 公民連携専攻。地方在住の院生でも平日の講義に参加可能とすべく、エイネットのテレビ会議システムFresh Voiceを導入。地方在住の院生の研究促進に貢献

 

日本医療情報ネットワーク協会(JAMINA)加盟

 

国内テレビ会議システム・SIタイプ市場において、4年連続で市場シェア第1位を獲得(富士キメラ総研調べ)

 

富士通場Vディーラー取り扱い製品として登録

 

2009年

大阪支店を設立

 

「Fresh Voice HD」を発売

 

パンデミック対策・USBメモリー型テレビ会議「挿したらオフィス」を発売

 

フルHDのテレビ会議開催に必要なものを全部まとめたパッケージ「HD premium package(プレミアム パッケージ)」を発売

 

国内テレビ会議システム・SIタイプ市場において、5年連続で市場シェア第1位を獲得(富士キメラ総研調べ)

 

東京医科歯科大学医学部付属病院に導入

 

2010年

「Fresh Voice」累計導入社数が2000社を突破

 

海上保安庁が「Fresh Voice」を導入

 

仙台管区気象台が「Fresh Voice」を導入

ページの上に戻る