ネットワークソリューション

仮想化

エイネットでは、ネットワーク構築やサーバー導入の際、仮想化技術を活用することで限られたハードウェアの有効活用やメンテナンスの手間を削減するためのサービスを提供しています。その仮想化技術を積極的に活用することで、効率的なネットワーク構築やサーバー導入を実現している、仮想化サービスをご紹介します。

長い歴史を持つ「仮想化」とは…

仮想化とは、1つの物理ハードウェア内で複数のハードウェアが動作しているかのように見せたり、逆に複数の物理ハードウェアを1つのハードウェアのように見せたりする技術です。

たとえば、システム全体の入れ替えや構成変更をする場合、従来であればシステムの停止計画の作成や、物理的なハードウェアの入れ替え作業、その後のセットアップなど、膨大な手間がかかっていました。仮想化技術を利用すれば、極端な例では管理画面から設定を変更するだけでよくなり、手元のキーボードとマウスだけでシステムの全変更さえ可能になります。

また、サーバーマシンをデータセンターに設置しているような場合であれば、データセンターが遠隔地であってもわざわざ現地に赴くことなくリモート操作で作業をおこなうことを可能にします。

仮想化技術の歴史は古く、かつてはメインフレームなどの大型システムで主に使われてきましたが、近年、ハードウェアの高性能化・低価格化や、仮想化ソフトウェア技術の進歩などによって、市販のコンピューターやサーバーでも手軽に導入できるようになりました。

「VMware」を使ったエイネットの仮想化サービス

サーバーの台数が増えてくると、ハードウェアの保守や設置スペース、電気代等が大きな負担となってきます。そこで、利用率が低く能力を使い切っていないサーバーを仮想化して1台の物理サーバに集約したり、Windows NTなどの古いシステムを仮想化して他のシステムとともに物理サーバー内で共存させるなどのサービスを行います。

また、クラウド上のストレージに仮想化したサーバーを設置して、あたかも専用サーバーのように利用することで物理サーバーをゼロにするシステムの構築も行います。

仮想化ソフトウェアは、主にヴイエムウェアのVMwareを利用します。エイネットはVMwareの正規ソリューションプロバイダーとして、VMwareを使った多くのシステム構築の実績とノウハウを持っています。

エイネットの仮想化サービス:複数台のサーバーを、仮想サーバーを使用することで1台に集約。設置スペース・電気代などのコスト削減が可能。

エイネットの仮想化サービス:複数台のサーバーを、仮想サーバーを使用することで1台に集約。設置スペース・電気代などのコスト削減が可能。

社内ネットワーク管理の複雑化を解消!

エイネットでは、早い時期から仮想化の技術に着目し、システム構築に応用してきました。その間、多くのノウハウを蓄積してきておりますので、仮想化をご検討の際には、是非ご相談ください。